故人を思う気持ちで執り行う 大切な葬儀

PAGE
故人を思う気持ちで執り行う 大切な葬儀

変化する葬儀や供養の方法

元気なうちに人生の終え方を考える「終活」が最近広がってきているなか、墓や葬儀について備える人たちの間で「墓友」とよばれる新たなつながりが生まれているようである。それに関連し、近年では葬儀や供養の方法がとても変化してきている。そのなかの一例で、桜の木が墓石の代わりに植えられ、その下に遺骨を納める形式がある。継承者は不要で、個人で申し込むことができるので人気のようである。単身者や子どものいない夫婦に加え、息子や娘に世話をかけたくない人たちが多く申し込むようである。この桜の下で供養するという桜葬墓地は広がりをみせている。核家族化、少子化で地縁、血縁が薄まるという無縁化が増加する中、墓を軸に新たな縁が結ばれているようである。

またこのように、無縁化が増加する現代社会で、永代供養の墓が増えているようである。樹木葬や散骨、身内だけで送る家族葬など、価値観の多様化に伴い、近年は葬儀や供養の仕方も変化し、従来は家を単位としてきた墓のあり方も大きく変わっている。跡継ぎがいなくても購入でき、寺院がある限り供養してもらえる永代供養墓が増えているのである。永代供養墓の本などの出版も増え、購入者も増加しているようである。家族の形やライフスタイルの変化などで、墓を守る子孫が途絶えてしまう無縁化が増加しているため、こうした現象が起こっているのである。供養の内容や頻度、費用なども様々で、選ぶ際には慎重に検討する必要がある。契約した場所とは異なるところに遺骨が保管されていたというトラブルもあるため、気をつけて選択する必要もある。

話題になっているキーワード、このサイトがおすすめ。

Copyright (C)2019故人を思う気持ちで執り行う 大切な葬儀.All rights reserved.