故人を思う気持ちで執り行う 大切な葬儀

PAGE
故人を思う気持ちで執り行う 大切な葬儀

葬儀と供養(追善供養)について

葬儀と供養について特に、故人の追善供養について記したいと思います。人が亡くなって葬式を行い、その後其々の追善供養を行い、故人としては最後に50年の追善供養を行い終了とするのが一般的でしょう。後は、御先祖供養ということになるのですね。

実は、私の親父が昨年50年目の節目の命日を迎えたが、たまたま、見逃してしまったのです。実は、実家とお墓が大分離れておりますので、年に一度は墓参りをしているのですが、気が付いたのが、その年の訪れた年の暮れでした。

後でお寺の住職に聞いてみたところ、「命日後に法事をしてはいけない一般には言いますけど、先ず、宗派地域によって様々で、一概には言えません。人間ですから、忘れることや勘違いすることだってありますよ。まして、50年という長い年月でもの、何時でも引き受けますよ。最近は年回忌を知っているにも拘わらず何もしない人が増えているようですし、まして、法事を忘れて落ち込むなんて、素晴らしい事だと思いますよ。それだけ故人の供養を大切にされている証拠だと思います。」と言われました。結局、年明けのに最後の法事をやることにしましたけど。一般に追善供養は、1周忌、3回忌、7回忌、13回忌、17回忌、25回忌、33回忌、50回忌に行うらしいです。地域によっては23回忌、27回忌、あるいは37回忌をお勤めるところもあり、地域によっても異なるよいう。これ等の年回忌は、亡くなった年を含めて数えることになり、但し、1周忌のみは次の年になり、2年目が3回忌、6年目が7回忌、等と数えることになります。

Copyright (C)2019故人を思う気持ちで執り行う 大切な葬儀.All rights reserved.