故人を思う気持ちで執り行う 大切な葬儀

PAGE
故人を思う気持ちで執り行う 大切な葬儀

一番の葬儀での供養は拝み続けること

葬儀での一番の供養は、勿論、おがみ続けることなのです。故人の安らかな眠りを祈り続けることではないでしょうか。しかしながら、仏教の場合は、必ずしもそうであるという訳ではないようです。その理由としては、坊主の身入りです。まずもって、一度でも葬式で御経を上げるものなら、数十万円があっというまに入ってきます。ついでに言えば、それは非課税で対象外なわけで、そんなところから、坊主まる儲けといった言葉が生まれたのではないでしょうか。更に、戒名にもランクがあり、最低は10蔓延から、最高になれば50万以上とか、お金がある人は100万円も払う人もいるらしいのです。たしかに、そうった方々には、最高の戒名を授けるのでしょうが、変な話ではあります。

では、その坊主のまる儲けをさせない方法はあるのでしょうか。実は一つだけ方法があります。改宗です。改宗と聞けば、びっくりする方もいるでしょう。しかし、なにもキリスト教とかイスラム教等に変える訳ではありません。日本古来からの神道に帰るべきではないでしょうか。この神道の場合は、確かに葬式で通夜に相当するものがあるそうですが、葬式の時に神主様を3人呼んでも、10万円以下といったことが示している通り、経済的には遥かに楽なものです。いらない戒名等というものも無く、これこそ神に近いものではないでしょうか。死ねば仏式といった考え方は、今直ぐにでも改める時にきているのかもしれません。

話題になっているキーワード、このサイトがおすすめ。

Copyright (C)2019故人を思う気持ちで執り行う 大切な葬儀.All rights reserved.